光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています

近年になって、光auひかりの業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています。
この事態を深刻にみて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光auひかり契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明白にしました。光auひかりを使用しているのならIP電話を活用してみるとお得な上に便利です。
利用するのは光auひかりなので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継する必要性はありません。そのため、電話料金がとても安くなり、プロバイダにより違いはありますが、月の料金が一般の電話auひかりよりも安くなることが多くあります。契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約書類を受領した日から1週間と1日以内であれば書面で契約申込の撤回を無条件下で行うことができます。
フレッツの強引な勧誘は問題になっており、クーリングオフをしたいと考えている人も少数ではありません。クーリングオフをしたくでもできない場合は、解約のためにお金を支払ってでも解約したいと願う人もいます。
私の住居はくしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外出先でも利用できるし、動画で楽しむのにも十分に観れる速度なので、極力希望したいのです。
住所を移す予定はないため、今後、エリアが拡大してくれることを懇願しています。住居の場所を変えたら、移転先の住居がフレッツのauひかりしか使えませんでした。
昔から使っていた通信会社を連続して活用したかったのですが、他に選択の余地がなく、利用を決めました。
月ごとのことなので今までの倍の料金の負担が重いです。
プロバイダは多数あり、選び方も人それぞれ違います。
と言っても、キャッシュバックキャンペーンがあったり、無料で使用できる期間が数か月あったり、毎月の利用料がとにかく安い会社にすぐ決定するのは感心しません。ネット回線を使用する目的は考慮する必要がありますが、通信速度やトラブルの有無などを特に注目するべきでしょう。フレッツwi-fiが繋がらない場合には、一回すべての装置の電源を消してみてはじめから接続し直してみるとできるかもしれません。そうしても接続ができない時には、初期設定を丁寧に見直してみます。カスタマーサービスに問い合わせしてみると理解できるように教えてくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。
ワイモバイルに乗り換えると、現在の携帯料金よりも結構安くなると宣伝されているようです。それでも、本当に安くなるとはわかりません。
そして、パケ放題のプランがない上、他社と同じように7GBまでの制限があって約6千円かかりますから、お得感を感じないこともあります。
ソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、途中で解約する場合に、違約金が発生するのでしょうか気がかりです。
これ自体は、ワイモバイル契約時のプランによって変わってくるようです。
契約内容が2年に満たないか3年に満たない場合の解約で9500円の解除料金がかかってきます。
契約をする時には、十分気を付けてプランを選びましょう。
wimaxの受信出来るエリアですが、少し前と比べてもかなりのスピードで利用エリアが拡充しており、主要都市での安定利用が実現できました。地方都市在中の場合、中心街から離れますとまだ改善の余地がございますが、行動される範囲が都市部であればご安心されてお使い頂けると思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です